おりものの臭いがチーズや鉄や納豆の匂いがする理由とは?

おりものの臭いがチーズ

スポンサーリンク

Sponsored Link

おりものの臭いがチーズや鉄や納豆の匂いがする原因にはどのような理由があるのでしょうか?

おりものの臭いが変な香りがするなど違和感を感じたときはどうしたらいいのでしょうか?

女性のおりものというのは、通常「無臭」もしくは「ほとんど臭いが気にならない」という程度。

もし臭いがしても、ちょっと酸っぱい感じの匂いがします。

しかし、おりものに何かしら異常が起こることで、普段とは違う臭いがすることがあります。

今回は、女性のおりものの臭いとその原因についてご紹介します。

⇒「おりものの臭いを抑えるインクリアの効果と口コミ」の記事へ

⇒「デリケートゾーンの臭い対策!」の記事はこちら

⇒「おりものの臭いは病気のサイン?正常なとき異常なときの違いはなに?」の記事へ

おりものがチーズの臭いに似ている原因とは?

おりものの臭いがチーズの臭いに似ているときの原因は何が考えられるでしょうか?

まず、おりものの臭いがチーズの臭いに似ているときには、どのような原因が考えられるのかをご紹介します。

おりものの臭いは通常は無臭、もしくは酸っぱい臭いと感じることがあります。

しかし人によって、おりものの臭いも微妙に違ってくることがあります。

例えば、酸っぱいにおいの他に

  • 甘酸っぱい
  • ほんのり甘い
  • ヨーグルトやチーズのにおい
などと感じる人もいるようです。

つまり、おりものの臭いがチーズのにおいに似ていると感じるのは、普段よりも少しだけおりものの臭いが強くなっていることが考えられます。

その為、たとえおりものがチーズの臭いがしても、臭い自体がかなり強烈ではない限り正常のにおいと考えて大丈夫です。

⇒「おりものの臭いを抑えるインクリアの効果と口コミ」の記事へ

おりものが鉄の匂い(鉄臭い)原因とは?

おりものの臭いが鉄の匂いの場合は何が原因なのでしょうか?

おりものの臭いが鉄臭いと感じることってありませんか?

そんな時には、どんなことが原因と考えられるのでしょうか?

女性の場合、定期的に生理がありますよね。

生理の前後には、

  • おりものに経血が混じって茶色っぽい色になる
  • 臭い自体が経血のにおいがする
ということがあります。

経血は血液ですから、もちろん鉄に似たような匂いがします。

その為、おりものに鉄の匂いがすると感じた場合は、血の臭いが移っていると考えられます。

ただ、鉄の匂いは経血であればすぐに改善されることがほとんどです。

おりものの臭いが長く鉄の匂いが続いていたり、おりもの自体の色が茶色のまま続くということもあります。

この場合、経血ではなく別の出血の可能性が考えられますので、一度婦人科などの専門医を受診するようにしましょう。

おりものが納豆の臭いがする原因とは?

おりものの臭いが納豆臭い場合は何が原因なのでしょうか?

最後に、おりものの臭いが納豆臭いと感じる時の原因についてご紹介します。

おりものの臭いが納豆の臭いになる場合は、いくつかの病気が原因と考えられます。

それが、膣カンジダや細菌性膣炎です。

まず膣カンジダは、免疫力の低下などによって膣の自浄機能が低下することで細菌が増加することで起こるものです。

逆に細菌性膣炎は、膣の自浄機能をつかさどる常在菌が増加することで起こるものです。

湿気やデリケートゾーンの洗いすぎが臭いの原因に!

膣カンジダや細菌性膣炎どちらも原因として考えられるのは、湿気やデリケートゾーンの洗いすぎなどが考えられます。

これらを予防するためには、普段からデリケートゾーンを正しく清潔に保つ必要があります。

よくおりものの臭いが気になるからと必要以上にデリケートゾーンを洗ってしまう人がいますが、実はこれがおりものの臭いの原因になっていることがあるのです。

デリケートゾーンを洗うときには、普通のボディソープではなくデリケートゾーン専用のソープを使用することで予防ができます。

⇒「デリケートゾーンの臭い対策!」の記事はこちら

そして、もしも膣カンジダや細菌性膣炎の疑いがある場合は速やかに専門医を受診しましょう。

⇒「おりものの臭いは病気のサイン?正常なとき異常なときの違いはなに?」の記事へ

まとめ

おりものというのは女性特有のものですが、臭いが変わることで病気などのサインを出していることがあります。

もちろん、中には特に異常という訳ではないものもありますが、明らかににおいが違う場合や臭いが強すぎる場合は病気の可能性が考えられます。

この場合は、市販薬などで済ませようとせず、一度病院を受診することをお勧めします。

おりものの臭いの原因には、病気の可能性とデリケートゾーンのお手入れの仕方が間違っている可能性が考えられますので、まずは普段からデリケートゾーンを清潔に保つようにしましょう。

スポンサーリンク

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須