1. TOP
  2. 陰部の臭いの原因と対策方法!女性は病気の可能性もある?

陰部の臭いの原因と対策方法!女性は病気の可能性もある?

陰部の臭い

陰部に臭いの原因と対策についてまとめました。

陰部の臭いやかゆみは石鹸やクリームでケアして消す、陰毛を手入れするなど、どんな方法があるのでしょうか。

また女性のニオイの原因は蒸れやおりものだけでなく病気の疑いもあるのか確認していきましょう。

デリケートな部分なだけに、臭いも気になってしまう陰部。

毎日キチンとお風呂に入って洗っているのに、どうして?と悩む女性も多いようですね。

身近な人には、なかなか相談できない陰部の臭いについて、今回は詳しくまとめてみましたので、是非参考にしてください。

Sponsored Link

陰部の臭いの原因とは?

陰部の臭いの原因

陰部から臭いがしてしまう原因は、一つではありません。

人によって原因は様々なので、順番に見ていきましょう。

菌の繁殖が原因で陰部に臭いがする

人間の身体には、誰もが元々菌を持っています。

これは悪い菌を侵入させないために守ってくれる菌なので、普段の生活では悪さをしません。

しかし菌が増えてきてしまうと臭いの原因に繋がります。

菌が増えてしまう原因として考えられるのは、ストッキングや長時間の座りっぱなしによる「蒸れ」からくるものがほとんどです。

蒸れることによって汗をかいてしまいますので、これが原因だといえます。

通常なら、汗は無臭なのですが、陰部は尿やオリモノによって菌が繁殖しやすい場所でもあるので、他の部分に比べて注意が必要なのです。

そして、女性は生理中にもトラブルが起こりやすくなってしまいます。

ナプキンの蒸れなども菌を繁殖させてしまう原因に繋がるので、こまめにナプキンを変えて清潔を保つことを心掛けましょう。

陰部の臭いは食事の内容も原因になる!

陰部の臭いが日によって違うかも!と感じている人の多くは、食事が原因で臭いを発している可能性があります。

陰部の臭いがキツくなってしまう原因のある食べ物は、

  • 肉類
  • 脂肪分の多いもの
  • 香辛料が多く含まれているもの
  • アルコール
  • ニラやニンニク
などが挙げられています。

今日はいつもより臭っているなと感じたら、何を食べたのか思い出してみましょう。

上記の食事を摂っていた場合は、食事によるものが原因だと考えていいでしょう。

そして、これらの食べ物は陰部だけではなく、体全体の臭いの元にもなりますので、大切な予定のある前日などは避けたいものです。

特に陰部は、通気性が他に比べると少ないため、イヤな臭いを逃すことが出来にくいため、悪臭もこもりやすくなってしまいます。

ホルモンバランスの乱れが陰部の臭いの原因になる

ホルモンバランスが乱れることによって陰部に臭いが出てしまう原因になります。

ホルモンバランスが乱れてしまう原因としては、

  • ストレスを溜めすぎる
  • 睡眠不足
  • 不規則な生活
  • 運動不足
などが挙げられます。

これらのことが当てはまる人は、ホルモンバランスが乱れてしまい、汗をかきやすくなるため、陰部の環境も悪化していきます。

環境が悪化して汗をかきやすくなってしまうと、陰部の臭いはもちろんですが、陰部のかゆみを伴う場合もあるので気をつけましょう。

陰部の臭いは「すそわきが」が原因の可能性も!

「すそわきが」とは、ワキガの陰部バージョンだと思っておいてください。

ワキガは、ワキだけでなく陰部や胸などにも発生する可能性があるのです。

通常の汗は無臭に近い臭いなので、気にする事はありませんが、すそわきがになると、アポクリン腺から発生する汗と混ざってしまい、強烈な臭いに繋がるのです。

すそわきがは、

  • ネギのような臭い
  • お酢のような酸っぱい臭い
  • 納豆のような臭い
  • 鉛筆の芯の臭い
など、人によって臭いは異なりますが、これらの臭いに当てはまっていれば、すそワキガの可能性が高いので、一度セルフチェックなどで確かめる必要がありそうです。

陰部の臭いは病気の可能性もあり!

突然陰部の臭いを強く感じるような場合には、病気(性病)ということも考えられます。

それに加えてオリモノの変化や、陰部のかゆみが出てきた場合には、一度産婦人科を受診する事をオススメします。

考えられる病気としては、

  • 膣カンジダ症
  • トリコモナス膣炎
  • クラミジア感染症
  • 細菌性腟炎
がありますので、どんな対策をしても陰部の臭いを消すことができない場合は疑ってみることも必要です。

このように陰部の臭いと言っても、原因は人によって様々なものです。

そのため、自分が普段してしまっていることや、当てはまる臭いがあれば原因を突き止めることができるので、その原因にあった対策をしていく必要があります。

陰部の臭い対策!陰部の臭いを消すにはどうしたらいい?

陰部の臭い対策

陰部の臭いの悩みは、なかなか人には話しにくいですよね。

そのため、臭いが気になる女性は、自力で対策をとっている人が多いようです。

その対策方法を今回は、お伝えしていきたいと思います。

陰毛の手入れをしたりカットする

陰毛をお手入れしたり、整えるために脱毛などに通っている人は、ここ数年でグッと増えてきました。

そのような経験がある方に話を聞くと、生理の時に蒸れなくなったり、洗いやすいとの声が多数です。

陰毛を全て処理する必要はありませんが、少なくするイメージでカットをすると、通気性もよくなります。

また、菌が繁殖する確率も減り、尿やオリモノが付着しにくくなるので、臭いが軽減されるのです。

今の時代、陰毛をカットすることは、誰でもしていることですし、プラスになる事ばかりなので、思い切ってカットしてみてください。

初めてカットする人は、ネットで自分に合ったやり方を見たりするなどして、参考になるものを見つけておきましょう。

陰部の臭いをケアする石鹸やクリームで対策する!

陰部の臭いに悩む女性が多いためめ、デリケートゾーン専用の臭い対策グッズというものがあります。

陰部はデリケートな部分なので刺激の強いものでケアをすると、かえって逆効果になってしまいます。

そのため、もし他の部分い使う臭い対策グッズを持っていたとしても、陰部に使用することには注意しましょう。

陰部の臭い対策のグッズは、低刺激で肌に優しい成分を使っているので、特に敏感肌の女性は専用のものでケアをしてくださいね。

洗いすぎないようにする

臭いが気になるのは分かりますが、何度も洗ってしまうと、常在菌という皮膚を守ってくれる役割を果たしている菌までもを、洗い流してしまうことになります。

そうすると逆効果になったり、臭いの元を作る菌が繁殖しやすい状態になったしまったりと、いいことがありません。

また、炎症がおきる可能性もあるので、刺激が強くならない程度に優しく洗いましょう。

陰部専用のボディーソープも発売されていますので、そちらを使うようにするといいと思います。

通気性の良い下着や服を着る

陰部の臭いの元となる、汗や蒸れを防ぐためには、通気性の良い服や下着を着るようにすると軽減されます。

通気性の良い素材のものは、夏でも快適に着ることが出来るため、汗をかいてもこもることなく、蒸れを防いでくれるので、是非持っていない人はゲットしてください。

ちなみにオススメの素材は、コットン、シルク、リネンなどが良いとされています。

またどんなに通気性の良い服を着ているからといって、座りっぱなしの仕事をしている人は、1時間に一度は、立ち上がり蒸れを防ぐ必要があります。

このように、対策を取るだけでも全然違ってきます。

陰部の臭いは、なるべく他人にはバレたくないと思いますので、少しでも臭うかな?と思ったらすぐに対策を始めていくことが大切です。

陰部の臭いに潜む病気とは?

陰部の臭いがいきなり目立ち始めた場合には、病気の可能性もあります。

臭いが症状として現れる病気(性病)は主に4つありますので、順番に紹介していきます。

また、臭いの他にも症状が出ることが多いので、合わせて当てはまるかどうかをチェックしましょう。

トリコモナス膣炎

この病気の症状としては、

  • 陰部の臭い
  • 陰部のかゆみ
  • オリモノの増加
  • 排尿時の痛み
などが挙げられます。

トリコモナス膣炎の場合は、オリモノが増加することによって臭いが発生しますので、もしかしたらと思った人はオリモノにも、気を配ってみておきましょう。

トリコモナス原虫が原因となって発病する性病なので、性交渉によって移ってしまう場合がほとんどです。

稀にプールや温泉などでも移ってしまうと言われているので、心当たりのある人は検査を受けましょう。

また、薬で治療できるものなのですが、放っておくと悪化してしまうので、早めに産婦人科を受診しましょう。

カンジダ膣炎

カンジダ菌は、元々女性の膣内の中に存在している菌です。

なので、性交渉がなくても抵抗力が落ちたり、ホルモンバランスが乱れることによって簡単に発症してしまう病気なのです。

しかし、カンジダはかかってしまうと、激しいかゆみの症状が出てくるのでかなりきついですし、おりものも白色のポロポロとしたものに変わります。

稀に黄緑色のおりものも発生したりするので、注意が必要ですね。

さらに症状が悪化すると痛みを伴うこともあるので、薬で治療をしてもらいましょう。

クラミジア

クラミジアは自覚症状がほとんどないと言われていますが、黄緑色のおりものが出てきたり、下腹部が痛む場合は疑った方が良さそうです。

クラミジアは基本的に性行為(オーラルセックスを含む)でしか移らないものなので、心当たりのある人は、パートナーも一緒に治療を受ける必要があります。

そして、放っておくと不妊症になるので、早期発見がなにより大切になってきますね。

細菌性膣炎

腟内の環境が悪化してしまうことで、炎症を起こしてしまう病気ですが、移るものではないため性病ではありません。

この細菌性膣炎は、オリモノの臭いが他に比べてきつく悪臭がします。

そしてかゆみもあるのでこのような症状が出たら病院にいきましょう。

オリモノは灰色のサラサラとしたものなので、わかりやすいと思います。

主な原因は陰部の洗いすぎによる善玉菌の減少や、免疫力の低下などが挙げられています。

この病気は、他の病気を引き起こしやすくしてしまうので、早めに対処しておくことが大切です。

このように陰部の臭いは、病気のサインかもしれないのです。

急に臭いが気になったり、オリモノなど他にも気になる症状が出てきたら、産婦人科などで検査をすることをオススメします。

放っておくと大変なことになるケースも多いので、もしかして?と思ったら、早めに検査と治療をしておきましょう。

陰部の臭いにはデリケートゾーン専用の石鹸がおすすめ!

陰部の臭い石鹸

陰部の臭いを気にしている人は、ボディソープと、デリケートゾーン専用の石鹸を使い分けて使っている人が多いです。

今では、たくさんの種類のソープが売られていますので、まずは低刺激のものから始めてみることをオススメします。

普通のボディソープとの違いは、陰部の臭いと黒ずみ対策に特化している製品であるということです。

入っている成分も異なり、デリケートゾーン専用の石鹸には、

  • 消臭作用
  • 抗菌作用
  • ピーリング作用
の3つが含まれているのです。

陰部の臭いだけではなく、黒ずみも防止できるので、一石二鳥ですね!

デリケートゾーン専用石鹸の使い方

デリケートゾーン専用の石鹸の使用方法ですが、大抵の商品はパックにして使うようです。

まず石鹸をモコモコに泡立てネットを使って洗います。

そしてそれを臭いが気になる場所に優しく置くようにし3分程度パックしましょう。

中には、刺激の強い商品や、個人差もあるため、3分も置いてしまうと肌が荒れる可能性もありますので、様子を見ながらサッと流したり、置く分数を短くしたりしてみてくださいね。

そしてこのパックは、必ずデリケートゾーン専用の石鹸でしか行わないようにしましょう。

普通の石鹸でパックをしてしまうのは、よくありませんし、もちろん中まで洗ったりはしないでくださいね。

薬局などにも売られていると思いますが、なかなか恥ずかしくて買いに行けないと思います。

そんな人の為に、ネット通販があるので、自分のタイプと似ている人の口コミを参考にしながら、まずは低刺激のものから選んで購入してみましょう。

自分の肌と合わなかった場合は、すぐに使用を中止するようにしてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

陰部やデリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性は多いですが、なかなか相談出来ずに放っておくケースが多いと言われているため、病気にもなってしまいがち。

これを機に自分で陰部の臭い対策をとることと、病気の項目が少しでも当てはまり、気になるようでしたら産婦人科を受診しましょう。

産婦人科には、意外と多くの人が同じような悩みで受診していますので、恥ずかしがる必要はありませんよ!

また、自分の陰部の臭いの原因をしっかりと理解することが、解決へと繋がるので、原因を探ってみることから始めて下さいね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

&美(アンドビ)|さらにキレイを目指す女性の美への答えの注目記事を受け取ろう

陰部の臭い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

&美(アンドビ)|さらにキレイを目指す女性の美への答えの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

&美(アンドビ)編集部

&美(アンドビ)編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 抗酸化作用

    野菜の抗酸化作用!ファイトケミカルの色と香りの効果とは?

  • お尻の黒ずみ

    お尻が汚い女性必見!お尻の黒ずみをケアする方法7選!

  • 筋トレに効果ある食べ物

    筋トレに効果ある食べ物は?低GI食品の一覧リストと選び方

  • バストアップサプリおすすめ

    バストアップサプリおすすめランキング!副作用なしで安全に!

関連記事

  • 顔脱毛

    顔脱毛は女子の常識!顔のムダ毛処理はエステと自宅どっち?

  • 手汗を止める方法

    手汗を止める方法!手のひらの汗がすごい原因と対策とは?

  • デリケートゾーンの黒ずみ

    デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法5選!

  • 胸が小さい原因

    胸が小さい原因とは!バストサイズの悩みは遺伝するしない?

  • まつげ伸ばす

    まつげを伸ばす!短いまつ毛が伸びる美容液の効果と選び方

  • 垂れ乳

    垂れ乳の原因と改善方法とは?垂れた胸を戻す治し方9選!