1. TOP
  2. 陰部のニキビやデリケートゾーンできものの原因と治し方!

陰部のニキビやデリケートゾーンできものの原因と治し方!

陰部のニキビ

陰部のニキビやデリケートゾーンのできものの原因と治し方についてお伝えしています。

陰部やデリケートゾーンに出来てしまったニキビは場所が場所なだけに、恥ずかしくて相談できない女性も多いのではないでしょうか?

ですが、実際陰部ニキビは、多くの人が経験しているので安心してください。

女性の陰部やiラインなどにできたニキビや吹き出物はデリケートゾーン専用の石鹸を使って清潔にする必要がありますが、ニキビだと思っていたら病気だったという場合もあるので自己判断で市販の薬を使用するのは注意しましょう。

今回は、人には聞にくい陰部やデリケートゾーンのニキビ・できものについて詳しくお伝えしていきます。

Sponsored Link

陰部のニキビの原因とは?

陰部のニキビの原因

陰部やデリケートゾーンにニキビができてしまう原因には

  • 垢や尿などの汚れが残りやすい
  • 生理の時のナプキンによる刺激
  • 下着の締め付けによる摩擦や蒸れ
  • ストレスなどの生活習慣の乱れ
  • カミソリなどの刺激

という原因や理由が考えられます。

陰部はとてもデリケートな場所ですので、清潔にすることが大切なのですが、少しの蒸れや刺激などでも、影響を受けやすいので、ニキビやデキモノが出来やすいとされています。

陰部やデリケートゾーンの皮膚は刺激に弱い!

それに加えて皮膚もかなり薄いので、そこに生理ナプキンの刺激を月に1回受けたり、カミソリで毛を処理してしまうと、肌にはかなりの負担がかかってしまうのです。

またストレスは、顔のニキビの原因だと思われがちですが、ストレスによって陰部にニキビができる可能性も大いにあるので、なるべくストレスを溜めないように発散することが大切です。

少しの刺激でも大ダメージになることもある陰部やデリケートゾーンは、自分が思っている以上に丁寧に扱いましょう。

  • 下着を通気性の良いものに変えたり
  • 刺激の少ない綿素材のものに変えたり

と今出来ることをしてしてくださいね。

陰部のニキビは別の病気の可能性もあり!?

陰部のニキビは病気

陰部にニキビができたと思っていたら、実は違った!なんてこともあります。

陰部はとてもデリケートなため、様々な症状を引き起こす場合があるのです。

ニキビと同じ症状のようなデキモノが出来ることが多くあり、ニキビと勘違いして間違ったケアをしてしまわないように違いをまとめてみましたので参考にしてみてください。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎は、別名「毛包炎」とも言われることもあり、一つの毛穴の奥で毛根を包み込んでいて、その毛穴に原因菌が入り込むことによって感染してしまう皮膚病の一種です。

ニキビととても症状や、原因が似ているため、陰部ニキビと一括りにされる場合もあります。

毛嚢炎になる原因としては、

  • 汗をかいたままなど皮膚の衛生面が悪い
  • カミソリなどを使った際に毛穴が傷つく

ということによって感染してしまいます。

身体の内側からも原因があり、食生活が偏ってしまっている時になりやすいと言われています。

初期の段階では、痛みや痒みは感じないことが多いのですが、なにもせずにそのまま放置してしまうと悪化して膿やしこりができてきます。

それと同時に痛みやかゆみも伴いますので、早めに皮膚科を受診しましょう。

化膿性汗腺炎(かのうせいかんせんえん)

アポクリン汗腺といって、汗の汗腺の一種のことをいいます。

これは限られた場所にしかなく、

  • 脇下
  • 陰部
  • 耳の中
  • 乳輪

が挙げられています。

化膿性汗腺炎は、このアポクリン汗腺が化膿してしまう病気で、この汗はフェロモンの影響を受けて強い臭気があります。

このアポクリン汗腺部位で汗をかき、摩擦や刺激を受けやすいところで、毛穴が詰まってしまうことが原因でなります。

そして悪化すると細菌感染し、膿がたまります。

膿が出ると一旦は治るのですが、慢性的になってしまった場合は、手術が必要になる病気ですので気をつけましょう。

性器ヘルペス

ヘルペスは、

  • 上半身にできるもの
  • 陰部に出来るもの

どちらも同じ症状だと言われています。

そして原因も同じで、単純ヘルペスウイルスになります。

皮膚科で治療はしてもらえますが、ヘルペスを完全に死滅させることは、今の段階では難しいとされています。

性器ヘルペスを放っておくと、水疱が破れてしまい、そこからただれて強い痛みを伴います。

排尿困難や発熱などの症状が現れることもあるので、早めのケアが必要です。

尖圭(せんけい)コンジローマ

性行為などによって、皮膚や粘膜にある小さな傷から、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスが侵入することによって起こる病気です。

  • 自覚症状が無い
  • 性器や肛門の上にイボが出来る

ということから、ニキビのようにみえてしまいます。

そのため勘違いして放置してしまわないように気をつけましょう。

症状が現れたらすぐに産婦人科などを受診して、医師の診察を受けてくださいね。

陰部やデリケートゾーンにできたニキビの治し方

陰部のニキビの治し方

陰部やデリケートゾーンにニキビが出来る原因は、ほとんどが清潔な状態ではないからです。

汗をかいたままにしていると、毛穴に汚れや菌が入りやすくなり、ニキビを引き起こしてしまうのです。

湯船につかるだけでは、汚れはとれないので、陰部はシャワーと石鹸を使って優しく洗うことがオススメです。

洗う際に擦ってしまうと、薄い皮膚に刺激を与えてしまい、悪化してしまう恐れがあるので、皮膚は優しくなるべく手を使わずに泡を使って洗い流しましょう。

陰部やデリケートゾーン専用の石鹸で優しく洗う!

洗浄力の強いボディソープなどで、陰部を洗ってしまうと、膣の環境を保つ善玉菌まで殺してしまうので、弱酸性のボディソープに買い換えることをオススメします。

ソープを使う場合には、デリケートゾーン専用の石鹸を使うことをオススメします。

なるべく手が触れないようにするため、泡立てネットを使いソープを泡立てます。

泡はたっぷりとつくっておきましょう。

その泡を前から順に肛門へ向かって優しく洗っていきます。

最後にすすぎ残しのないようにしっかりと流しましょう。

このようなケアだけでも、だいぶ変わってくると思いますので、毎日継続してケアし続ける事が大切なのです。

蒸れを防ぐ

後は、通気性の良い下着をつけるようにして、蒸れを防ぐことが大切です。

これでも治らない場合は、薬を使って治すという方法もあるので、諦めずにまずはケアから始めてみましょう。

陰部のニキビに薬を使う場合の注意点

陰部のニキビに薬

陰部ニキビが出来てしまっている場合、必ずしもニキビとは限りません。

ニキビではないデキモノかもしれませんし、最悪病気の可能性もあり、見分けがとても難しいです。

そのため、自分の判断での薬の服用は避けるようにしましょう!

一番いいのは、産婦人科を受診して医師にきちんと診断してもらい、症状に合った薬を処方してもらうことです。

市販の薬を陰部のニキビに使用する場合

薬局などの市販薬で治したい場合は、薬局の薬剤師さんに症状を説明して、薬を選んでもらいましょう。

薬剤師さんは、女の人のことが多いので、デリケートな相談もしやすいかと思います!

市販の薬を使用する場合、抗生物質入りの軟膏を使うようにしましょう。

薬を塗る時は、必ず陰部と薬を塗る指や綿棒は、清潔な状態にしましょう。

清潔な状態出ない時に薬を使用してしまうと、せっかくの薬なのに、細菌が入り込み意味が無くなることもあります。

まとめ

いかがでしたか?

陰部ニキビは毛嚢炎の可能性が非常に高く、症状や原因もほぼ同じだと考えられます。

しっかりケアをし、清潔に保てば治ってくるものなので、あまり神経質にならずにゆっくりと治していきましょう。

膿ができていたり、炎症を起こしている場合は、他の病気の可能性もありますので、病院を受診するようにしてください。

また、場所が場所なだけに、性病という可能性も捨てきれません。

もしかして?と思ったら産婦人科で見てもらい、性病だと診断された場合は、パートナーも一緒に治療する必要があることを、頭に入れておいてくださいね。

デリケートな部分なので、人には言いにくいと思いますが、実際は結構多くの人が陰部のデキモノについて悩んでいますので自分に合った方法で治していきましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

&美(アンドビ)|さらにキレイを目指す女性の美への答えの注目記事を受け取ろう

陰部のニキビ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

&美(アンドビ)|さらにキレイを目指す女性の美への答えの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

&美(アンドビ)編集部

&美(アンドビ)編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • バストアップサプリおすすめ

    バストアップサプリおすすめランキング!副作用なしで安全に!

  • バストアップの食べ物

    バストアップに効果的な食べ物と食事!健康にも良い食材です

  • 育乳ブラの効果

    バストアップサプリの効果と副作用!本当に胸が大きくなる?

  • ナイトブラおすすめ

    ナイトブラ(育乳ブラ)おすすめランキング!

関連記事

  • お尻の黒ずみ

    お尻が汚い女性必見!お尻の黒ずみをケアする方法7選!

  • デリケートゾーンの臭いは病気

    VIO脱毛は自己処理よりエステサロンがおすすめ【体験談】

  • ロスミンローヤルの効果と口コミ

    ロスミンローヤルの効果と口コミ!副作用なしで成分も安全?

  • 脱毛サロンおすすめ

    脱毛方法の種類を比較!ニードルとフラッシュと医療レーザーの違いは?

  • ヨガマットの選び方

    ヨガマットおすすめの選び方【目的別の種類や厚さと素材!】

  • 脱毛サロンと家庭用脱毛器

    脱毛エステサロンと家庭用脱毛器を比較!おすすめはどっち?