1. TOP
  2. 歯を白くする方法9選!歯の黄ばみや汚れを落とす対策とは?

歯を白くする方法9選!歯の黄ばみや汚れを落とす対策とは?

歯を白くする方法

歯を白くする方法にはどんなものがあるか?「歯が黄色い、茶色い、汚れ」などて歯を見せるのに抵抗がある!という人におすすめの対策をいろいろ紹介しています。

歯を白くする方法や対策には、

  • 自宅で簡単に落とす市販の歯磨き粉やホワイトニング剤などを使う方法
  • 歯医者で除去してもらう方法
  • 歯を汚してしまうNG行動に注意する
という対策方法がありますので詳しく見ていきましょう。

また歯の黄ばみ、茶色いシミや線の原因には食べ物やタバコなど、どんな理由が考えられるのかも確認していきましょう。

歯は黄ばんでいたり、茶色いと結構目立ちます!

白い歯に憧れてはいるものの、なかなか白く綺麗な歯には近づけない!と思っている方に、今回は歯を白くする方法をお伝えしていきます。

自宅でも簡単にホワイトニングできる方法ばかりを集めましたので、今日からでも始めてみましょう。

Sponsored Link

歯を白くする方法9選!自宅でできる黄ばみ対策

歯の黄ばみを落とす対策

白いキレイな歯は、印象を良くしてくれるので、白くして損は全くありません。

むしろモテ効果もあり、いいことだらけなんです。

歯を白くして、今よりもっと自分に自信をつけていきましょう。

さっそくご紹介していきます。

ホワイトニング効果のある食べ物を食べる

歯の表面に付いてしまっている染みや汚れは、食べ物で落とせることをご存知ですか?

普通なら、食べ物で歯が汚れてしまうと思いがちですが、フルーツなどに含まれている「リンゴ酸」には、歯の表面に付いている汚れや染みを、除去して失っていた輝きを取り戻すことのできる効果が含まれているのです。

それに加えて、ステインや汚れを落としてくれる自然の研磨剤の効果のあるものは、「噛みごたえのある食材」なので、食事の際に取り入れてみてください。

ホワイトニングに効果のあると言われている食材は、

  • いちご
  • りんご
  • オレンジ
  • パイナップル
  • にんじん
  • セロリ
  • タマネギ
  • ブロッコリー
  • ナッツ類
  • チーズ
  • 牛乳
  • ヨーグルト
などがあります。

採り入れやすい食材が多いので、続けていけそうですね。

朝ごはんのついでに牛乳を飲んだり、フルーツを昼食と一緒にとったりするなど、自分の生活スタイルに合わせて、これらの食材を続けて摂ってみましょう。

歯の黄ばみや汚れの原因となる食べ物を避ける

反対に歯が汚れると言われている食材は、避けるように心掛けましょう。

好きなものがあると辛いですが、絶対食べるなとは言われていないので、控える程度で大丈夫です。

歯を白く綺麗にするためには、汚れの原因から取り除いていってあげましょう。

白いシャツに着くとなかなか汚れが落ちない食べ物は、基本的に歯にも汚れが付きやすいと考えましょう。

代表的なもので言えば

  • カレー
  • コーヒー
  • お茶
  • 紅茶
  • 赤ワイン
ですね。
などは染みの原因にも繋がるので、控えるようにしましょう。

また、スポーツドリンク、ピクルス、ケチャップはエナメル質を弱める酸が強いので、とりすぎてしまうと同じく染みができてしまいます。

とりすぎなければ問題ないので、普段からたくさんこれらの食べ物や飲み物を摂取している方は、控えるなどして気を付けるといいですね。

歯を汚す飲み物にはストローを使用する

先ほどお伝えした、歯を汚してしまう飲み物を摂取する場合は、控えることがやはり一番ですが、ストローを使って飲むのも方法の一つです。

熱い飲み物には難しいですが、直接飲んだ時よりも歯に付く汚れを防げると言われていますので、飲みたくなったら試してみましょう。

歯に付着しないように意識して飲むことがポイントなので、細めのストローを使うことをオススメします。

ホワイトニング効果のある歯を白くする歯磨き粉を使う方法

歯磨き粉の中には、ホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉があるのをご存知ですか?

歯を白くする歯磨き粉

手軽に自宅でホワイトニング出来ることから、歯磨き粉をホワイトニング効果のあるものに買い換える人が増えてきています。

ホワイトニングの歯磨き粉は毎日使う必要はありません。

週に1回程度など、やわらかい素材の歯ブラシでやさしく磨いてあげることがポイントです。

そして、歯を白くする歯磨き粉を選ぶ大切なポイントもお伝えします。

ホワイトニングの歯磨き粉には、「研磨剤」が配合されています。

この研磨剤の粒が大きければ大きい程、歯を削る力が強くなってしまうので、なるべく微粒子に近いタイプのものを選びましょう。

そうすることによって、歯や歯茎への負担も少なくなりますし、効果的に黄ばみも落とせるのです。

薬局だけでなく、ネットでもホワイトニング効果のある歯磨き粉は、販売されているので、購入を考えている人は、口コミなどを参考にして決めてみましょう。

歯磨きは食後すぐにはしない!

食後すぐに歯を磨く習慣を付けている人がいますが、食後は非常に唾液が出やすい状態にあります。

唾液は、食べかすなどの酸を中和してくれる効果があります。

そのため食後の唾液が多い時に歯を磨いてしまうと、まだ中和されていない酸を歯の深い部分に浸透させてしまうのです。

そうなると歯が黄ばみやすくなったりしてしまうので、それを防ぐためにも食後は最低でも30分開けて歯を磨くようにするといいと思います。

今までしてきた習慣をいきなり変えるのは、抵抗があると感じた人は、食後はゆすぐ程度にしておいて、後からしっかりとした歯磨きをしてみてください。

歯磨き粉を歯ブラシに付けるタイミングは水に濡らす前に!

これは癖があるので、無意識にやってしまいがちなのですが、歯ブラシを濡らしてから歯磨き粉を付ける方がほとんどだと思います。

逆のやり方で癖がついていれば、問題はありませんが、ほとんどの人は泡立ちが良い事から、先に水で歯ブラシを濡らしていると思います。

泡立ちは良くなるので、短い時間で磨いた気になってしまい、歯磨きをする時間が減ってしまうことになります。

いくら泡立っていたとしても、細菌や汚れは残っていることがほとんど。

時間をかけてゆっくり丁寧に磨くことで、汚れが落ちたりするのです。

歯ブラシでゴシゴシ強く磨くのには注意!

力を入れて歯を磨く人の歯ブラシや、ずっと同じ歯ブラシを使っている人の歯ブラシは、弱ってきてしまい、両サイドに毛先が開きやすくなってしまいますよね。

そのため、

  • 歯の表面の汚れが綺麗に取れない
  • 歯と歯の間の隙間に毛先が入り込めない
ということになって汚れを取り切ることができなくなってしまいます。

ゴシゴシと強めに擦って磨いている場合は、それだけでなく歯のエナメル質までもを傷つけます。

そうなると歯茎が削れてしまい、歯茎が下がったり、歯がしみたりとマイナスなことばかりが起きてしまうのです。

普段から強く磨きすぎているなと感じた場合は、中指と薬指で歯ブラシを持ち、小刻みにゆっくり磨いてみてください。

このやり方で歯を磨けば、自然と力が入らなくなり、優しく磨けるのでオススメです。

重曹水でうがいをするとホワイトニング効果が出る!

歯磨き粉自体を付けずに歯ブラシだけで歯を磨き、重曹水でうがいをするとホワイトニング効果が出ると言われています。

これは歯磨き粉の添加物やフッ素が気になる方にオススメされている方法で歯医者さんでも勧められているやり方です。

ただしこの方法で歯を磨く場合、必ず歯ブラシのみで歯を磨き、その後に重曹水でうがいということを守って下さい。

直接歯ブラシに重曹を付けて磨いてしまうのはNGですが、重曹は正しく使えばホワイトニングの味方なのです。

歯ブラシに重曹をつけて歯磨き粉代わりにしてしまうと、重曹の研磨作用からエナメル質を傷つけてしまうことになります。

その結果、虫歯や知覚過敏の原因に繋がるので注意して下さい。

重曹水は歯のホワイトニングだけではなく、食べかすや虫歯の原因となる酸を中和してくれる役割を持っているので、歯が溶けてしまうのを防ぎ、虫歯予防以上の効果が期待できると言われているのです。

酸が原因で臭ってしまう口臭を消す効果もあるので、オススメのホワイトニング方法です。

重曹水でうがいをするやり方

やり方もとても簡単で、100ccのお水に小さじ半分程度の重曹を混ぜて、30秒うがいをするだけです。

たったこれだけなので、毎日でもできてしまいますよね。

また、重曹には掃除を目的としたものも売られていると思いますが、「食品用重曹」を選んで購入するようにしましょう。

中には、ベーキングパウダーなどの重曹に、デンプンを添加しているものもありますので、間違えないように添加なしの食品用重曹を購入するようにしてください。

歯ブラシの交換は月に一度

歯ブラシで歯を磨く際に一番大切なことは、歯ブラシの毛がきちんと上を向いているかどうかです。

左右に毛先が広がっている歯ブラシを使っている場合は、普段の歯磨きをきちんと行えていないのです。

それだけでなく、歯の表面や歯茎も知らない間に傷つけてしまっていますし、細菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまうのです。

毛先が左右に広がっていなくても、月に一度は歯ブラシの交換をすることをオススメします。

また、自宅で歯ブラシを保管する際は、ケースに入れておくと細菌の繁盛原因に繋がってしまうので、なるべく歯ブラシ立て置くなどして、風通しの良い環境で保管するようにして下さい。

いかがでしたか?

自宅で簡単にできるホワイトニング方法9選をお伝えしました。

どれも簡単にできますが、一度に全てをやり始める必要はありません。

始めやすいものから順番にやってみることで、徐々に慣れてホワイトニング効果も産まれてきますので、是非参考にしてみてください。

歯医者で歯を白くするホワイトニング方法とは?

歯医者で歯を白くする

自宅ではなく、歯科医院でホワイトニングをしてもらう方法もあります。

歯科医院でのホワイトニング方法は大きく分けて2つあり、

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
の2種類です。

オフィスホワイトニングとは?

実際に歯科医院でホワイトニングしてもらうことをオフィスホワイトニングと言い、ほとんどが海外で開発されたシステムを使用しています。

基本的には全て過酸化水素など、高濃度の漂白剤を使用して施術をおこなっています。

オフィスホワイトニングの値段は、歯科医院によって異なりますが、だいたい3万円~5万円程度で施術を受けることができます。

ただし、ホワイトニング専門のところで施術をうけると、5千円~3万円と安く済むのでオススメです。

どちらも1回の料金なので、毎回この位お金がかかると言う事を頭に入れて置いてください。

ホームホワイトニングとは?

そして歯科医院で処方してもらったマウスピースと薬剤を使って、自宅でホワイトニングを行うことをホームホワイトニングと言います。

ホームホワイトニングの場合は、自分のマウスピースを作ってもらう必要があるので、一度は歯科医院を受診して施術を受けなければなりません。

自分の歯に合ったマウスピースができたら、それを自宅に持ち帰り、薬剤を自分で注入します。

一定時間歯に装着して漂白をおこなうものなので、手間が少しかかりますね。

それに加えてホームホワイトニングは、自宅で自分でするものなので、安全性を重視して低濃度の漂白剤を使用しなければなりません。

なので時間も回数もかかってしまうことがデメリットではありますが、料金は2万円~4万円程度と、オフィスホワイトニングよりは安くなっています。

ホワイトニング専門の歯科医院の場合は、1万5千円~3万5千円程度になります。

歯の黄ばみの原因とは?

歯の黄ばみの原因
歯は「象牙質」が分厚いほど黄色く見えてしまいます。

象牙質の表面を半透明のエナメル質が覆っているため、透けて見える象牙質の色が歯の色になるのですが、個人差や生まれつきのものなので、歯磨きや歯が汚れているだけが原因ではありません。

よく歯磨きが上手くできていなかったり、歯が汚れていると黄ばむと言われていますが、一概には言えないということですね。

もちろん完全に否定もできません。

歯が黄色くなる飲み物

飲み物だと、

  • 赤ワイン
  • 緑茶
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ウーロン茶
などは歯が黄ばむ原因になると言われています。

歯が黄ばむ食べ物

食べ物だと、

  • カレー
  • チョコレート
  • たくあん
  • ベリー系の果物
など普段から口にすることの多い食べ物が、歯が黄ばむ原因となっているのです。

歯が黄ばむ生活習慣

そしてよく聞くので知っている方がほとんどだと思いますが、

  • タバコ
でも歯は簡単に黄ばんでしまいます。

喫煙所などの壁をみるとヤニがついていますよね?

あのヤニが歯にもしみついていると想像すれば早いです。

放置し続けると茶色くなったりもしますので、タバコは本当に厄介です。

また、年齢が上がるにつれてエナメル質の透明度は上がると言われています。

なので、象牙質の色がより透けて黄色く見えてしまうこともあったり、加齢によって黄ばみが進行してしまうこともあります。

これらは防ぎようのない自然現象なので、仕方のない場合もあることを頭に入れて置いてください。

まとめ

いかがでしたか?

ホワイトニング方法はこのようにたくさんあります。

歯に自信がない方はこの機会に是非、始めてみてください。

自宅でも歯科医院でも自分にあった方法で、進めていけるといいですね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

&美(アンドビ)|さらにキレイを目指す女性の美への答えの注目記事を受け取ろう

歯を白くする方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

&美(アンドビ)|さらにキレイを目指す女性の美への答えの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

&美(アンドビ)編集部

&美(アンドビ)編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • バストアップサプリおすすめ

    バストアップサプリおすすめランキング!副作用なしで安全に!

  • バストアップの食べ物

    バストアップに効果的な食べ物と食事!健康にも良い食材です

  • 育乳ブラの効果

    バストアップサプリの効果と副作用!本当に胸が大きくなる?

  • ナイトブラおすすめ

    ナイトブラ(育乳ブラ)おすすめランキング!

関連記事

  • まつげ伸ばす

    まつげを伸ばす!短いまつ毛が伸びる美容液の効果と選び方

  • 鼻の毛穴ケア

    鼻の毛穴のケア方法!毛穴の開きや角栓やブツブツの悩み解消

  • ヨガ教室

    初心者向け!ホットヨガスタジオやヨガ教室おすすめはココ!

  • 黄ニキビの治し方

    黄ニキビの原因と治し方!痛い黄にきびを早く治す方法とは?

  • ロスミンローヤルの効果と口コミ

    ロスミンローヤルの効果と口コミ!副作用なしで成分も安全?

  • おっぱい体操

    おっぱい体操の効果とやり方!バストアップのポイントとは?