1. TOP
  2. デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法5選!

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法5選!

デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法をまとめました。

何かとトラブルに巻き込まれてしまう、デリケートゾーン。

なかなか周りの人にも相談しづらい場所なので、自分で解決しようと抱え込んでしまっていませんか?

デリケートゾーンの黒ずみ解消には美白クリームや石鹸や皮膚科で治療するなどのケア方法があります。

今回はデリケートゾーンの黒ずみに悩む女性のために

  • 黒ずみ解消法の効果や注意点
  • メリット・デメリット

などを実際の口コミとともにお伝えしていきます。

またデリケートゾーンの黒ずみ原因として考えられる摩擦や刺激、妊娠や出産や加齢などの理由についてもあわせて確認していきましょう。

最近では、脇や手足だけでなく、デリケートゾーンの脱毛を行っている女性が増えてきていることから、デリケートゾーンの見た目を気にしている人はたくさんいます。

なので「デリケートゾーンの黒ずみは自分だけなの?」と思わず、自分に合った方法で黒ずみを解消していきましょう!

Sponsored Link

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法とは?

デリケートゾーンの黒ずみ解消

デリケートゾーンの見た目で、どうしても気になってしまうのは、肌の黒ずみですよね。

ムダ毛なんかは脱毛したり、自己処理したりとたくさん綺麗にする方法はあります。

しかし黒ずみはケアの仕方が分からない上に、目立ってしまいますから

  • 遊んでる!!

と思われてしまうかもしれません。

ですが、しっかり解消する方法はあるんです。

この解消法を知っておけば、今日からケアできるので、始めてみて下さい。

刺激を与えずにケアをする方法を選ぶが!

まずはじめに、頭に入れておいて欲しい事があります。

デリケートゾーンはとても皮膚が弱いんです。

なのでダメージを受けやすく、すぐに刺激されてしまうので黒ずんでしまったりします。

そのためにも、とにかく刺激を与えずにケアをしてあげることが、一番の解消法です。

優しく丁寧に洗う!

入浴時にも、優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。

これだけでも、今までのデリケートゾーンの見た目と差がつくと思います。

もちろんすぐに効果は見られませんが、優しく洗うことを習慣付けていきましょう。

そうすれば、黒ずみは薄くなっていきますよ。

デリケートゾーンの黒ずみに美白クリームが効果的!

デリケートゾーンの美白クリーム

皆さんは、お風呂上りなどにデリケートゾーンのケアはしていますか?

デリケートゾーンはとても皮膚が柔らかく、傷付きやすいので、なるべくこまめにケアしてあげることが大切です。

今では、デリケートゾーン専用のクリームが販売されており、そのほとんどの商品が美白成分の入った商品なんです!

美白クリームと呼ばれるもので、黒ずみには効果的だと、たくさんの女性から支持されています。

そして、さらに効果を出すためにベストな、塗り方やタイミングをご紹介します。

美白クリームを塗るタイミング

まず美白クリームを塗るタイミングが大切です。

塗るのはデリケートゾーンを洗浄した後など、綺麗な状態の時に使ってください。

美白クリームの塗り方

1円玉程度の量を手に取り、手のひらで体温で温めるようにしながら、軽く広げていきます。

そして、擦り付けるように塗るのではなくて、優しくトントンと押さえ込むような形でケアしていきます。

これは摩擦を防ぐために擦るのを、控える方法です。

そして最後にクリームが余ってしまったり、量が多すぎた場合はティッシュなどで、優しく拭き取ってください。

これで美白クリームでの保湿は完成です。

美白クリームの使い方の注意点

注意点としては、細菌を刺激してしまい、肌が荒れる可能性があるので、粘膜には塗らないこと。

そして必ず全てのケアを優しく行うということです。

毎日習慣づけて続けることで、効果はみられますので、是非今日から美白クリームでケアをしてみてください。

デリケートゾーンの黒ずみ石鹸で解消する方法!

最近、デリケートゾーン専用の石鹸が売られていて、その石鹸でデリケートゾーンをケアする人が増えてきています。

その方法でももちろん良いのですが、人間の肌は弱酸性なので、肌と同じ弱酸性の石鹸であれば、デリケートゾーン専用の石鹸じゃなくても大丈夫なんです。

弱酸性の石鹸は、雑菌の増殖や侵入を防いでくれるので、肌を健康に保ってくれる役割を果たしています。

それだけではなく、身体に有効な常在菌も守ってくれるので、肌に優しく洗えます。

デリケートゾーンの泡パック

今回は、デリケートゾーンに優しく洗える、泡パックを作って洗う方法をご紹介します。

①泡立てる
まず、泡立てネットを使って弱酸性石鹸を泡立てます。

きめ細かい泡になるまで、しっかりと泡立てることが大切です。

②泡パックをする
そして泡立った泡を、デリケートゾーンに優しく塗って、2分以内を目安に泡パックをします。

2分以上置いてしまうと、肌に必要な成分まで吸着してしまうので、越えないように気を付けてください。

③洗い流す
洗浄後にぬるま湯で優しく洗い流して終了です。

ぬるま湯は、体温より少し温かい程度の温度のことをいいます。

熱すぎると肌の刺激になりますので注意しましょう。

弱酸性石鹸での泡パックは、黒ずみケアだけでなく、健康な肌の状態を保ってくれる役割もあるので、是非試してみてください。

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科で治療する方法!

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科で治療

本格的に、黒ずみを解消させたいと思う場合は、皮膚科で治療してもらうのも、一つの方法です。

皮膚科で治療といっても、その病院や、先生、自分の肌の状態などによって治療法は変わってきます。

レーザー治療

主な治療方法は、黒ずみの原因であるメラニン色素を直接破壊して、黒ずみ解消をするレーザー治療。

ピーリング

古い角質を落として新陳代謝を促すピーリング。

美白クリーム

そして美白クリームの処方などです。

黒ずんでいる場所によっては、形成手術をおこなう場合もあるそうです。

クリームのメリット

個人差はありますが、皮膚科で治療するメリットとしては、

  • 速効性がある!

ということ。

専門の先生に診てもらうことで、適切な治療を受けられることです。

クリームのデメリット

そして反対にデメリットは、

  • 費用が自宅ケアに比べて高額
  • 見せるのが恥ずかしい

ということです。

そして、ほとんどの場合が通院になりますので、

  • 何度も通うのが面倒

になってしまう可能性もあります。

いきなり皮膚科に治療をしに行くのではなく、無料カウンセリングなどを受け付けている皮膚科もありますので、一度相談してみてから決めるのも良いと思います。

デリケートゾーンの黒ずみケアに関する口コミをチェック!

デリケートゾーンの黒ずみをケアするにあたって、みんなどのようにケアしているのか、聞きたいけれど聞けないという方も多いと思います。

そこで今回は、ケアに関する口コミを集めてみました。

ケア方法や、クリームの選び方など、複数の口コミを集めたので参考にしてみてください。

デリケートゾーンの黒ずみケアをした女性の口コミ情報!

黒ずみケアはクリームで行っていますが、しっとりしていて、使い心地の良いものを選ぶようにしています。

そして、優しく塗ることを心がけただけで、肌の色が変わったような感じがしているので、これからも毎日続けていきたいと思います。

美白成分の入ったクリームで保湿していますが、先日から余ったクリームを手にも塗るようにしていました。

数日後に見てみると、肌の色が均等に白くなってきて、カサつきもなくなったので驚いています。

この先もずっと、美白クリームでお手入れしていきます。

黒ずみ解消グッズを色々試してみましたが、すぐに黒ずんでしまう体質のため諦めかけてしました。

最後に石鹸でデリケートゾーンの黒ずみを消す方法を試したら、少しですが効果がみられました!

諦めずに試してみて良かったです!

いかがでしたか?

デリケートゾーンの黒ずみは、ほとんどの方が毎日続けることによって効果を実感しています。

諦める前にまずは、自分にあったケア方法を色々試すことが大切ですね。

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

デリケートゾーンの黒ずみ原因

摩擦や刺激が原因

デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因は、加齢や出産だけではなく、ほとんどが摩擦や刺激でなってしまうのです。

特にデリケートゾーンはまぶたよりも、皮膚が薄いと言われている位なので、とても刺激を受けやすい部位になります。

ゴムが強い下着で肌と摩擦を起こしてしまったり、圧迫されたりするのが積み重なって、黒ずんできてしまいます。

妊娠や出産で黒ずんでしまう原因

妊娠や出産で黒ずんでしまう原因は、母体が出産に備えて肌を守ろうとする働きが、メラニン生成を活発化させることから、皮膚のターンオーバーも乱れてしまい、結果的に黒ずんでしまうことになります。

産後はだんだん、ターンオーバーも元の状態に戻りますので黒ずみも徐々に薄くなってきますが、デリケートゾーンだけは、出産時にたくさんダメージを受けてしまっている為、戻りにくいとされています。

加齢が原因

そして最後に加齢での黒ずみですが、30歳を越えるとだんだん肌のターンオーバーが遅れてきてしまいます。

なので肌の細胞が生まれ変わるのも遅くなり、黒ずみが出てきてしまうのです。

新陳代謝の周期をしっかり整えていれば、黒ずみ対策になりますので、外側からでなく内側からもケアするように、心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

人にはなかなか聞けないデリケートゾーンの黒ずみについてお伝えしました。

これを参考にして、毎日のケアで綺麗な肌を手に入れましょう!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

&美(アンドビ)|さらにキレイを目指す女性の美への答えの注目記事を受け取ろう

デリケートゾーンの黒ずみ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

&美(アンドビ)|さらにキレイを目指す女性の美への答えの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

&美(アンドビ)編集部

&美(アンドビ)編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 筋トレに効果ある食べ物

    筋トレに効果ある食べ物は?低GI食品の一覧リストと選び方

  • バストアップサプリおすすめ

    バストアップサプリおすすめランキング!副作用なしで安全に!

  • バストアップの食べ物

    バストアップに効果的な食べ物と食事!健康にも良い食材です

  • 育乳ブラの効果

    バストアップサプリの効果と副作用!本当に胸が大きくなる?

関連記事

  • おっパイを大きくする方法

    おっパイを大きくする方法16選!小さい胸を大きくする特集

  • 脇汗対策

    脇汗を止める方法!脇の汗が多い原因とおすすめの対策とは?

  • バストアップの食べ物

    バストアップに効果的な食べ物と食事!健康にも良い食材です

  • 冷え性の改善

    冷え性を改善する対策7選!症状を解消する方法はこれ。

  • デリケートゾーンの臭い対策

    デリケートゾーンの臭い対策!においの原因とケア方法はコレ

  • まつ毛が抜ける

    まつげが抜ける6の原因と対策!マツエクなどには要注意?